" /> - お気楽主婦Diary" /> - お気楽主婦Diary" />

« 審判講習会 | トップページ | 明日から… »

2010年4月26日 (月)

息子の師匠

昨日、息子が5月の部活の予定表を持って帰ってきた
その予定表と一緒にプリントがあった
そこにはとてもいいことを書いていた

バレーボールは人をつくる。バレーボールを道として選び、敵は相手ではなく自分であることを知り、己に勝てる人間になりたい。
他人よりも二倍、三倍も努力し、やらされる3時間より自ら進んでやる1時間の価値を知って最後までやり通し、決してあきらめない根性のバレーボールマンになりたい。
練習とは、人生の縮図と悟り、今日できることを明日に延ばさず、研究と精進をおこたらず、やれと言われたらすぐに行動する。
プライドのあるバレーボールマンになりたい。
我慢の味をよく知って、物を大切にする豊かな心を忘れず、ライバルすら協力したくなるような、皆に褒められるたくましいバレーボールマンになりたい。
バレーボールは人間を練り、バレーボールは人間をつくる。

息子の部活顧問は予定表にいつもいぃ言葉を付け加えてくれている
息子はまったく見ないが私はそれが楽しみです
バレーだけでなく私生活でもあてはまる言葉だと思う
中学生ともなれば自分で考え自分でやる
息子にも常日頃から言ってはいるが…

このプリントを壁に張り心に刻み日々活かしてほしい
ジュニアの子供達にもコピーしてわたしたいくらい
アハハハハ

小学生にはちと難しいかな

|

« 審判講習会 | トップページ | 明日から… »

コメント

とっても良い言葉やなぁ種目は違っても息子達に是非伝えたと思いますばか息子に理解出来ればいいけれどね

投稿: かき揚げ丼 | 2010年4月26日 (月) 23時05分

うちらも学生の頃は…今だからこそ理解できるんかもね
でも子供らが大人になった時にわかってくれたらなぁ
うちのバカ息子のおつむでは最後まで…理解できんやろぅなぁ

投稿: カシスオレンジ | 2010年4月26日 (月) 23時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子の師匠:

« 審判講習会 | トップページ | 明日から… »